まるよしの独り言

夕方のひとコマ

夕方、家の門を閉めていたところに。

 

制服を着た高校生のカップルが、小さな犬を
連れてこちらに向かって歩いていた。
散歩中のようだ。
2人は腕を組んでいた。

 

近くの子かな?幼なじみなのかな?

 

私はその姿を、まじまじ見るでもなく、視界の右上の方で捉えていた。

 

門を閉め終えるころ、その2人と1匹は、私の目の前を通り過ぎるあたりだった。
2人は腕を組んではいなかった。

 

 

…わかるよ。
きっと、その腕は、反射神経的に離れたのだろう。

 

2人が通り過ぎた後ろ姿を、私はまじまじと
見ていた。

 

組むよね。絶対、組むよね。
腕、組むよね?

 

通り過ぎて、10メートルほど行ったところで、2人は、とても自然に腕を組んだ。

 

組んだー!
イヤッホーゥ!

 
 

 

アオハルかよ。

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP