リノベーション

古民家リノベーション 古いもの

こんにちは
作り手の顔が見える仕事 まるよし建築です

蒸し暑い。
夏はもうすぐ、、、でしょうか

さて、古民家リノベーション
工事は無事終わり、引越しも終わりました。

今回の工事は、
もともとの家に使ってあったものを
たくさん再利用しました。

その一例を。

・階段の手すり
一目見て、これは絶対再利用、
と決めていました。

一旦外して高さを変えて、復旧。
細かい仕事がされてて、
上品な仕上がりです。

・雪見障子
高さを足すため、
上の部分をあえてオープンにして
明るさと開放感をちょっとプラス。

・壁の下地窓
壁の下地である竹を、あえて見せる窓です。
バラバラになりそうなところを、
なんとか床の間から玄関へ移動。
壁にうつる影もいい感じ。

・欄間(らんま)
ずばり、存在感あり。
ちなみに後ろに見える板も再利用です。

・丸太梁
古民家といえば、丸太梁ですね
とても力強い。
塗装では、黒くなりすぎないよう、
色にはかなりこだわりました。

・小窓
小さいガラスの窓を
室内窓に再利用
真鍮製の鍵がいい味を出してます

こんな感じで、
古いものをたくさん再利用しました。
それぞれに思いがあり、
語り出すとキリがないです。

古いものの良さを
改めて実感した工事でした。

古民家リノベーションは
可能性の塊です。

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP