新築工事

白庭台の家、細かいところ

こんにちは

作り手の顔が見える仕事 まるよし建築です

 

梅雨が明けたら雨ですね。

蒸し暑くて、マスクしてられません。

 

さて。

白庭台の家 完成 | まるよし建築 (maruyoshi-kyoto.com)

の続き、少し細かなディテールを写真で。

 

まずは洗面化粧台。

造作(ぞうさく)で作りました。

「造作」というのは、既製品の商品を単に置くだけではなく、

鏡、照明器具、カウンター、水栓金具、収納などの部材を組み合わせて作る、

いわばオリジナル、オーダーメイドの製作物です。

白とグレーを基調に、なるべくシンプルに。壁出し水栓金具でお掃除も楽に。

造作の洗面化粧台といえば、まるよしです。

 

 

次は階段。

階段も3ヶ所あったのですが、そのうちの一つ。

無垢の木(集成材)で作った階段と、本棚と、手すり。

こちらも既製品なしの、造作です。

木の色の違いは、塗装の有無です。

 

 

次は、引き出し。

畳の小上がりの下、引き出しの収納です。

 

床材と同材を使ってフタを作ったので、違和感なく見えます。

取手なしでなるべくシンプルに。

 

最後は玄関。

土間の仕上げを、洗い出しにしました。

なんというか、素材感が出る感じですね。

無垢のフローリング、砂利の洗い出し、壁紙。

ちなみに玄関の外もこんな感じで洗い出し。

 

 

少し長くなりましたが、こんな感じです。

全体的に、色はシンプルにまとめて素材感で違いを出してる感じです。

壁紙やフローリングの色のアクセント貼り分けは、ほぼありません。

あるとするなら、トップ画のウィリアムモリスの壁紙です。

 

細かいところも、面白い家になりました。

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP