大工日記

日本の木造建築の技術

こんにちは
作り手の顔が見える仕事 まるよし建築です

ようやく、晴れ間が見えました
暑くても、やっぱり雨より晴れがいいですね

さて。
今日はちょっと大工さんぽいことを。

木を直角に止めるのに、
見えているところをぴったり
くっつけるための加工。

最終的には見えないところですが、
細かい仕事が必要です。

切ってただくっつけるのではなく、
一仕事加えることで、
何年経ってもぴったりついたままの状態を
維持できるように。

大工の技術のひとつです。

昔からの技術、
何気なく見えて、実は、みたいな、
日本建築のこういうところ、
めっちゃ好きです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP